令和3年度 第2回終末期における在宅医療・介護多職種協働推進研修会(3/22)の開催について

最終更新日:2022年02月28日

 

1 趣 旨

本研修会は、県高齢福祉課委託事業として、在宅での終末期療養支援に対応する医療や介護の専門職に対して、終末期の在宅医療・介護における多職種の連携について必要な知識の習得と向上を図ることを目的として開催します。

終末期における在宅医療・介護を担うさまざまな職種が、どのような考えをもって、実際にどのような取り組みをしているのか、関係する職種が情報共有をすることで、終末期の方への支援をよりスムーズにつないでいけるものと考えております。今回は、終末期における在宅医療・介護の現場において、実際にどのように終末期の方をフォローしているのか、またその中で他職種とどのような連携をとっていければいいかなど、介護支援専門員および訪問看護師の視点からご講演をいただき、相互理解を深めていきたいと思います。

 

2 開催日時・場所

日時:令和4年3月22日(火) 18:30~20:30(予定)

場所:オンライン会議システムZoomによるweb研修会

 

3 定員・参加対象

定員:200名程度

対象:医療・福祉に関係する職種

(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、リハビリ職、介護支援専門員、介護福祉士、訪問介護員等、栄養士、MSW、歯科衛生士、行政職員、地域包括支援センター職員など)

 

4 参加費:無料

 

5 研修会の進行(予定):

(1)「最後まで看取りたい~開業医としてできること~」(30分)

講師:神奈川県医師会介護保険・地域包括ケア委員会委員

医療法人健心会八木クリニック院長  八 木 健太郎

(2)「ケアマネジャーからみた終末期における在宅医療・介護連携について」(30分)

講師:たま日吉台病院居宅介護支援事業所所長  水 嶋 千 佳

(3)「終末期の方を支えるチーム医療介護連携~がん末期・老衰の事例から~」(30分)

講師:一般社団法人横浜在宅看護協議会会長  栗 原 美穂子

(4)全体質疑(30分)

 

6 申込方法:受付は終了いたしました

 

7 問い合わせ先:神奈川県医師会保険医療・学術課 河上

TEL:045-241-7000/E-MAIL:kawakami@kanagawa.med.or.jp