電話を使った診療(オンライン診療)について

最終更新日:2020年04月13日

〜新型コロナウィルス感染症の新しい医療機関へのかかり方〜

令和の時代になって最初のお正月を家族と穏やかに過ごしていたほんの数ヶ月前、誰がこのような日本、世界になると想像したでしょうか。

私たちは姿の見えない敵、新型コロナウィルスにおびえ、生活は一変してしまいました。学校に行く、会社に行く、お友達に会う、買い物行く、外食に行く、そんな当たり前のことが何もできなくなってしまいしました。

この憎きコロナウィルスに大切な家族や友人を奪われないようにするため、そして我々の穏やかな日常を取り戻すためには、不要不急の外出をしない(ステイホームですね)ことがとても大切であることはご存知だと思います。

こうした中で医療機関に行くことにも感染を心配し躊躇されている方がおられると思います。しかし高血圧や糖尿病など現在飲まれているお薬を中断することは非常に危険なことです。また風邪症状等があるにも関わらず、家でじっと我慢することは、同様に危ない行為であるとともに、本人にとってはとても辛いことです。

そのため、コロナ感染拡大がある程度落ち着くまで、医療制度の臨時的な仕組みができています。簡潔に説明します。

◉電話による診察のみで薬局でお薬を受け取ることができるようになった。

今までは電話による診療(電話再診と言います)では処方せんを発行できませんでした。今は臨時的に、診療所に電話をかけていただき現在の体の具合についてかかりつけ医と話をしてお体の調子に変わりがなければ、医師はいつも飲んでいただいている薬の処方箋を希望する薬局にファックスにて送信、患者さんは薬局でお薬を受け取ることができます。

また、いつも処方されているお薬以外でも処方を受けることができる場合もあります。

そのほかスマートフォンやパソコンなどのテレビ電話を用いた診療を行っている医療機関があります(これは安倍さんが緊急事態宣言の会見で発言されたオンライン診療です)。また過去に受診歴のある診療所では、しばらく受診をしていなくとも電話等による診療でお薬の処方を受けることができる場合(電話初診と言います)があります。

詳しくはかかりつけの診療所にお尋ねください。

なお、この臨時的な措置は今後の感染拡大状況等によって随時見直しが行われますので適時情報を更新いたします。またこの仕組みはあくまでもコロナウィルス感染が収束するまでの臨時的なルールであることをご理解ください。

診察することは「患者さんを診る」ことです。「見る」でもなく、「視る」だけでもありません。そして、看護師さんは「患者さんを看て」います。本来は患者さんと直接向かい合い、五感の全てを総動員して行うことが大切だと思っています。

現在の状況が一日も早く収束し、みなさんの直接お会いし、お顔を直接拝見し、時にはたわいの無い雑談を交えながら、しっかりとした診察できる日が一刻も早く来ますよう共に頑張りましょう。お大事なさってください。